4K・8K衛星放送受信の解説

4K・8K衛星放送受信

110度BSCSによる4K・8K放送の詳細については4K・8K衛星放送についての解説を参照頂きたい。

このページでは4K・8K衛星放送を受信したいと思っている方を対象に4K・8K衛星放送対応3224MHz受信機器や受信方法について解説する。
4K・8K衛星放送を受信するためには放送開始に合わせて発売される4K・8K衛星放送対応テレビをまずは購入するか4K・8K衛星放送対応レコーダーを購入し4Kパネルテレビに接続する必要がある。

帯域/偏波 4K放送 8K放送 BSアンテナ
BS 右旋 6ch 既存BSアンテナ
左旋 4ch 1ch 4K8K衛星放送
対応BSアンテナ
CS 左旋 8ch

4K・8K衛星放送のBS右旋のみを受信するのであれば従来のBS受信設備に4K・8K衛星放送対応テレビを接続するだけで受信できる。
BS左旋・CS左旋も合わせて受信するには4K・8K衛星放送対応BSアンテナが別途必要となる。

4K・8K衛星放送対応テレビ

現在販売されているテレビは4Kテレビであっても4K・8K衛星放送を受信する機能は内蔵していないため受信できない。
4K・8K衛星放送を受信するためには2018年12月の放送開始に合わせて発売される4K・8K衛星放送対応テレビを購入するか4K・8K衛星放送対応のレコーダー等を購入し接続する必要がある。
4K・8K衛星放送対応テレビ・レコーダーは3224MHz/H.265の信号を受信でき新CAS対応チップでスクラブル解除を行なうチューナーが搭載され現状の2K放送も受信可能である。

2K対応テレビと4K・8K対応テレビ違い

4K・8K衛星放送対応レコーダーの接続

現在販売されている4Kテレビは4K表示テレビなので4K・8K衛星放送を視聴するためには4K8K衛星放送の開始に合わせて発売される4K・8K衛星放送対応のレコーダー等を接続する必要がある。
接続にはテレビのHDMI端子がHDMI2.0/HDCP2.2に対応しておりプレミアムHDMIケーブルで接続しなければならない。

HDMIケーブルと映像フォーマット対応表

当店取扱いプレミアムHDMIケーブル

4K・8K衛星放送用配線の注意点

従来のBSCSでは1032MHz〜2071MHzを使用していたが4K8K衛星放送では新たに2224MHz〜3224MHzの信号が伝送されるため従来の信号を含めもし電波漏洩し無線通信などに障害を与えたら大変な事になります。 4K・8K衛星放送では特に重要ですが従来のBSCS配線でも次の点を守ってください。

1.同軸ケーブルは2重シールド以上のものを必ず使用し1重シールドのケーブルは使用しない。
2.接続はF型コネクターを基本としプッシュ型の場合はシールド性能の高い物に限る。
3.同軸直結型の器具は使用しない。同軸同士の手ひねりでの接続はしない。
4.ブースターを異常発振させないためブースターの調整は上げ過ぎないよう適切に行なう。
5.4K・8K衛星放送の左旋電波を受信する場合はSHマーク適合品などの3224MHz対応の機器を使用する。
6.現状の受信設備が上記の条件を満たず改修できない場合は新たに別配線にする。

SHマーク

SHマークJEITA(電子情報技術産業協会)では4K・8K衛星放送に対応した受信機器の認定を行なっており認定された商品にはSHマーク(スーパーハイビジョンマーク)が表示できる。
対象の商品はBSアンテナ・ブースター・分配器・壁面テレビ端子・分波器・混合器がある。

4K・8K衛星放送対応BSアンテナ

4K・8K対応BSアンテナブロック図 従来のBSCS放送では右旋円偏波のみを利用してきたが空チャンネルがほとんどなく4K・8K衛星放送については左旋円偏波でも放送されるため4K8K衛星放送をいろいろ楽しみたいならまずは右左旋対応BSCSアンテナが必要だ。
4K・8K衛星放送対応BSアンテナには右旋用コンバーターと左旋用のコンバーターの2つが内蔵されており右旋は従来と同じ10.678GHzですが左旋は1173MHz低い9.505GHzのコンバーターを使用する事で左旋の信号を1173MHz上の帯域へシフトしている。
左旋の信号は2224MHz〜3224MHzまで使用するのでアンテナ以降の配線について3224MHz対応の機器への交換が必要となる。
BSアンテナの構造と動作の解説 BSアンテナ設置方法の解説 当店取扱い4K・8K衛星放送対応BSアンテナ

4K・8K衛星放送対応配線

4K・8K衛星放送対応BSアンテナを設置する場合の配線方法については「単独配線」と「混合分配配線」の2通りがある。

●単独配線
4K・8K衛星放送対応BSアンテナを設置してその配線を従来の配線とは別に配線する方法で4K・8K衛星放送対応テレビが1台だけならS5CFB(S4CFB)以上の同軸ケーブルでそのテレビだけに配線すれば良い。
4K・8K衛星放送対応テレビが複数ある場合は3224MHz対応全端子電流通過型分配器で分配して配線する。

●混合分配配線
4K・8K衛星放送対応BSアンテナの出力と地デジと混合し分配して各部屋へ伝送する場合は屋内配線がS5CFB(S4CFB)以上の同軸ケーブルになっている事が条件となり下記の図のようにブースター・分配器・壁面テレビ端子・分波器 等を3224MHz対応の機器に交換する必要がある。
新築等で新たにアンテナ配線を行なうのであれば3224MHz対応配線にされる事を強くお勧めする。

4K・8K衛星放送対応配線

3224MHz4K・8K衛星放送対応ブースター

4K・8K衛星放送と地デジを混合して増幅するためには3224MHzまで対応した4K・8K衛星放送対応ブースターが必要となる。
電波は周波数が高いほど減衰が大きくなるので高い周波数ほど出力を大きくする機能のある商品も発売されている。
地デジと混合しない場合は3224MHz4K・8K衛星放送対応のラインブースターもある。

アンテナブースターについての解説 当店取扱い4K8K衛星放送対応ブースター

3224MHz4K・8K衛星放送対応分配器

複数のテレビに4K・8K衛星放送の信号を分配するには3224MHz対応の分配器が必要になる。
分配器には1端子電流通過型と全端子電流通過型がありブースター電源部を設置してある場合は1端子通過型で良いが電源部を設置しない場合は全端子電流通過型を選択した方が良い。

分配器と分波器と分岐器の解説 当店取扱い4K・8K衛星放送対応分配器

3224MHz4K・8K衛星放送対応壁面テレビ端子

部屋の壁面テレビ端子も3224MHzに対応でないと減衰が大きかったり通過しなかったりするので交換をお勧めする。 入出力はF型接栓で接続して欲しい。

壁面テレビ端子の種類と解説 当店取扱い4K・8K衛星放送対応壁面テレビ端子

3224MHz4K・8K衛星放送対応分波器

混合された4K・8K衛星信号をテレビに接続するためには地デジと3224MHz衛星信号を分けるために4K・8K衛星放送対応の分波器が必要になる。

分配器と分波器と分岐器の解説 当店取扱い4K・8K衛星放送対応分波器

3224MHz4K・8K衛星放送対応アンテナケーブル

同軸ケーブルについては衛星対応の2重シールドのS-5C-FB以上のものであれば使用できるとされているが高周波数帯の減衰やシールド性能の関係からできれば3重シールド以上の同軸ケーブルをお勧めする。
室内の機器同士の接続についてはS-4C-FB以上であれば使用可能だが4K・8K衛星放送対応の3重か4重シールドのケーブルならより安心できる。
シールドが1つ増えるとケーブルからのノイズ混入や電波漏洩が約10dB減るので2重シールドに対して3重シールドは約10dB、4重シールドは約20dBにケーブルからのノイズ混入や電波漏洩が少なくなる。
同軸ケーブルの編組は軟銅線錫メッキ編組の物とアルミ編組の物があり電気的にはほぼ同等だが軟銅線の方が柔軟性がありコネクター等の挿入し易い。また接続には必ずネジ式のF型接栓を使用して欲しい。

同軸ケーブルの種類と解説 当店取扱い4K・8K衛星放送対応4C4重シールドアンテナケーブル
F型コネクターの種類と解説 当店取扱い4K・8K衛星放送対応オーダーメイドアンテナケーブル

3224MHz4K・8K衛星放送対応その他商品

上記掲載以外の4K・8K対応商品については下記の通りだ。

当店取扱い4K・8K衛星放送対応混合器 当店取扱い4K・8K衛星放送対応隙間ケーブル
当店取扱い4K・8K衛星放送対応コネクター関連  


トップページ What's New!
アサヒデンキ楽天市場 お問い合せ