4K8K衛星放送についての解説

4K8K

4K8K(ヨンケイハチケイ)とは画面の水平解像度の事を表しておりフルハイビジョンの画面は1920(水平)×1080(垂直)で1920は約2000なのでフルハイビジョンを2K(ニケイ)と言う。(Kはキロの事で1000を意味する) 4Kは3840×2160の画面の3840は約4000なので4K、8Kは7680×4320の画面の7680は約8000なので8Kと言う。現行のフルハイビジョンは2Kでその2倍の密度の画面を4K、4Kの2倍の密度の画面を8Kと覚えれば良い。
4K8Kは日本(主にNHK)ではスーパーハイビジョン(SHV)と言い海外(主に米国)ではUltra High Definition(UHD)と言う。また英語のUltra High Definition Televisionを日本語にして超高精細度テレビジョン放送と表現する場合もある。

4K8K衛星放送の呼称について

2017年12月1日総務省等から4K8K衛星放送の呼称を「新4K8K衛星放送」とすると発表になったがまだ放送開始していないしスカパー!4Kがすでに放送を開始しているため新と付けたのだろうがいつまで新を付けておくつもりなのか甚だ疑問に感じるので当ページでは新を付けずにあえて4K8K衛星放送とする。
一般的な呼び方がBS4K・BS8K・CS4K・BSCS4K・BSCS4K8K・4K8K放送となるのか今のところは何とも分からない。

放送方式

4K衛星放送はスカパー!がプレミアムサービスにてH.264でスカパー!4Kを2015年3月から先に放送開始しているがこのページで言う4K8K衛星放送は110度BSCSによる4K8K放送の事である。
4K8K衛星放送ではハイビジョン放送の何倍ものデーター量が必要となるため従来の符号化方式のMPEG-2(H.262)に比べて4倍の圧縮率のH.265という符号化方式を採用している。
また従来の110度BSCSは右旋円偏波のみで放送していたが帯域が足りないため新たに左旋円偏波での放送も行われる。
4K8K衛星放送では従来のB-CASカードは使用されず新CASに対応したチップが4K8K衛星放送対応テレビ等には搭載される予定だ。
このようにして4K8K衛星放送はいよいよ2018年12月から110度BS/CSにて開始され4K衛星放送は下記の図の通りBS右旋・BS左旋・CS左旋の3つの電波で放送され8K衛星放送はBS左旋にて放送される。

4K8K衛星放送と放送周波数の関係

受信方式

4K8K衛星放送では左旋の電波での放送も始まるが従来のBSアンテナでは右旋の電波しか受信できないため左旋の電波も受信するのであれば右旋左旋の両方に対応した4K8K衛星放送対応BSアンテナへの交換が必要となる。
4K8K衛星放送対応BSアンテナは左旋電波を右旋電波の上の帯域(2224〜3224MHzMHz)へシフトする事で偏波切換えを不要にし混合と分配が可能となっているがBSアンテナ以降の受信配線は従来の配線では3224MHzまで対応しておらず左旋の電波を全て伝送するなら3224MHz対応のブースター・分配器・壁面端子・分波器や配線の変更も必要となる。

受信可能なチャンネル

4K8K衛星放送を受信するにためには放送開始に合わせて発売される新CASチップ搭載・H.265対応・3224MHzまで受信できる4K8K衛星放送対応テレビ/レコーダーを購入する事が条件となるが受信設備によって受信可能なチャンネルが変わって来る。
対応テレビを購入し既存のBS放送が受信できる環境があればそのままBS右旋の4Kチャンネルは受信可能である。
さらに4K8K衛星放送対応BSアンテナを設置して配線が2681MHzまで対応していればBS左旋の4K・8Kチャンネルも受信可能になり3224MHzまで対応すればCS左旋の4Kチャンネルも受信できるようになる。 詳しくは下記の対応表をご覧頂きたい。

4K・8K放送チャンネルと受信システム対応表

HDR放送

4K衛星放送は超高精細で放送されるがあわせてHDR(High Dynamic Range)での放送も予定されておりHLG方式の採用が決まっている。
HDRとはテレビで表現できる画面の暗い部分から明るい部分の明暗の範囲が広い事を言う。 従来のテレビや映像では画面の一番明るい部分が100nit(=100cd/u)程度だったが最新の4Kテレビなどでは高輝度化が進み輝度が1000nit(ニト)を 越えており表現できる明暗の範囲が広っているため放送側でも1000nit程度の映像を撮影し伝送を行なおうと言うものだ。 予定されているHLG方式ではHDR非対応のテレビにも互換性がある。

プログレッシブ放送

現在日本の地上波・衛星波で行なわれているテレビ放送は480iか1080iのインターレース(飛び越し走査)方式の放送でありプログレッシブ(順次走査)方式での実用放送は480pによる放送を1999年4月からDIRECTV(ディレクTV)が2000年9月に放送終了まで行いその後は4K放送のスカパー!4Kのみである。
4K8K衛星放送は画面が超高精細である事ばかり注目されるがそれと同じくらいプログレッシブ放送である事の意味は大きい。 現在のテレビ画面はブラウン管から液晶パネル等に変わっておりこれらの表示パネルはプログレッシブ方式での表示であるためテレビ内部でわざわざI/P変換(インターレース/プログレッシブ変換)を行なって表示しているのである。 プログレッシブ放送はこのI/P変換が不要であり液晶パネル等に適した方式なのである。

4K8K衛星放送の録画

2017年12月20日にBlu-ray Disc Associationから4K8K衛星放送向け録画用BD規格が発表された。
4K8K衛星放送は録画禁止になるのではという報道があったが事実上録画禁止にはならないようだ。
これにより4K8K衛星放送対応BDレコーダーが発売されれば4K8K衛星放送をHDDに録画して4K8K画質のままBDに焼けるようになる予定だ。
また4K8K衛星放送を録画したらHDDの容量を大量に消費するのではと心配している方がおられるがH.265での高圧縮記録になるのでそんな心配は必要ない。

4K8K放送衛星

4K8K衛星放送では新たに左旋円偏波にて放送を行なうためBS・CS共に新衛星を打ち上げる。
CS衛星はすでにJCSAT-110Aを2016年12月22日に打上げており2017年4月よりCS左旋にて4K試験放送を行なっている。
BS衛星はBSAT-4aをアリアンスペース社のアリアン5ロケットにて仏領ギアナより2017年9月30日無事打ち上げに成功しました。 打ち上げの動画はこちらからから見れる。


4K8K衛星放送受信の解説


トップページ What's New!
アサヒデンキ楽天市場 お問い合せ