テレビとレコーダーの接続方法の解説

室内の壁面端子からのアンテナケーブルに分波器を接続してレコーダーの地デジとBS/CSのアンテナ入力端子へ接続する。 レコーダーの地デジとBS/CSのアンテナ出力端子からテレビの地デジとBS/CSのアンテナ入力端子へ直列配線(送り配線)するのが一般的な接続方法だ。
現在のレコーダーは複数の番組が同時録画できるようにマルチチューナーとなっているためレコーダー内で減衰が大きくなるので レコーダー内の減衰を補償するブースターを内蔵しているからレコーダーとテレビの受信状態が大きく変わるという事は基本的にない。
ただレコーダーの内部雑音やレコーダーとテレビを接続するアンテナケーブルによっては信号のC/Nが劣化する可能性は残っているためレコーダーとテレビの受信状態がまったく同じにはならない。

テレビ・レコーダー配線方法

直列配線とは別に分配配線という方法がありレコーダーとテレビへ均一な信号を送るダブル分波器という商品も発売されている。
レコーダーとテレビの分配配線はレコーダー内の補償用ブースターの効果がないため受信強度が低くなる傾向があるがレコーダーとテレビの受信レベルが均一化する事ができ テレビがレコーダーのNFの影響を受けずレコーダーからテレビへ送り配線がないためそこから雑音が混入する事もなくテレビ裏の配線がスッキリする。

信号強度を優先したい場合は直列配線で信号強度が十分あり信号品質優先なら分配配線という事になるだろう。
ちなみにデジタル放送用のテレビ・レコーダーの受信レベル表示は信号品質に比例した数値を表示している。

分配器と分波器と分岐器の解説 同軸ケーブルの種類と解説
当店取扱い分波器 当店取扱いアンテナケーブル


トップページ What's New!
アサヒデンキ楽天市場 お問い合せ

Up Date: